忍者ブログ
パソコン関係の記事を書いています。 コメントお待ちしております。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

グラフィックカード(GPUやグラフィックボード、VGAとも)についてです。
グラフィック性能は、ゲームをする人にとっては必須の物となります。
古いゲームや低負荷のゲームであればオンボードでも十分ですが、それ以上となるとミドルレンジ以上のグラフィックカードが必要となります。

<性能目安>
・GeForce
x800~x900:ハイエンド。ゲームに適してます。
x600:ミドルレンジ。ゲームも可能です。
x200~x500:ローエンド。ゲームには不適です。
x100:オンボード。Vistaが動作する程度の性能で、ゲームには不適です。
・RADEON
x900:ハイエンド。ゲームに適してます。
x600:ミドルレンジ。ゲームも可能です。
x300~x400:ローエンド。ゲームには不適です。
・Intel
Vistaが動作するものでもGeForceFX程度の性能。
つまり、軽いゲームは可能でも最新のゲームには適してないです。

別な見方としては、価格で見る方法もあります。
40000円~:ハイエンド
25000円~40000円:ミドルレンジ(中の上)
15000円~25000円:ミドルレンジ(中の下)
~15000円:ローエンド
程度が目安だと思います。

<SLIとCrossFire>
どちらも複数のグラフィックカードを一つのマザーボードに差すことで性能を引き上げるものですが、少し違いがあります。

・SLI
対応したマザーボード(nForce系)に同一のカードを差す。
PCI-Express帯域不足のボトルネックが発生しやすい。

・CrossFire
CrossFireに対応したカードであれば同一である必要がなく、やや敷居が低い。
PCI-Express帯域不足のボトルネックが発生しずらい。

しかし、どちらも2枚だからといって性能も2倍ではなく、1.7~1.8倍程度だそうです(3枚では1枚の2.7倍程度)。
また、使用するグラフィックカードの数だけPCI-Expressが必要でマザーボードも対応した物、高出力の安定した電源がないといけません。

<消費電力と発熱>
グラフィックカードはCPU以上に電力を消費し、ハイエンドモデルでは十分な容量の電源を用意する必要があります。
例えば、ローエンドで20~40W、ミドルレンジで40~70W、ハイエンドで100~200W が目安かと思います。 発熱も消費電力に比例して、ミドルレンジのGeForce7600GTにおいては最大70℃(CPUは50℃ほどが相場)にもなります。
この発熱は冷却にも気を使う必要があります。

<クロック>
コアクロックとメモリクロックがあり、コアクロックはCPUのクロックと同じで、基本的に高いほど処理が高速になります。
メモリクロックの場合も同様に、基本的には高いほど高性能です。

<VRAM>
VideoRAMの略で、GPU専用のメモリーです。
オンボードでのメインメモリの間借りに比べ処理が有利なため、画面の表示がなんとなく鈍いという方はグラフィックカードの取り付けで改善することがあります。
容量に関してはVistaの普及で128MB搭載は標準になっており、質を求めなければ心配する必要はありません。
それでもゲームをするならば最低でも256MBはほしいですね。

<メモリバス>
メモリバスは例えれば車線数のようなもので、多いほどより多くのデータを運べます。
クロックやVRAMが同じグラフィックカード同士であれば、多い方が有利です。
目安は、64bitがローエンド、128bitがミドルレンジ、256bit以上がハイエンドです。
快適にゲームをプレイするならば、128bit以上は必須です。
また、バス幅が狭いと他の性能が高くてもこれがボトルネックとなり、低解像度では差がなくても高解像度ほど不利になります。

<シェーダ>
レンダリングを行うユニットで、基本的には多いほど高性能になります。
現在は統合型シェーダが標準で、昔のバーテックスシェーダとピクセルシェーダを合わせたものとなっています。

<グラフィックカードの世代>

・GeForce9000シリーズ
現在の発表では、8000シリーズの製造プロセス縮小版、つまりは焼き直しのようです。

・GeForce8000シリーズ
DirectX10.0、ShaderModel 4.0対応。シェーダが統合型シェーダに変更。
多くのモデルは第二世代のビデオ再生支援機能を搭載しており、CPUにあまり負荷をかけずに高画質動画を再生できる。
一部モデルは製造プロセスが65nmになり、性能の割りに省電力になった。

・GeForce7000シリーズ
DirectX9.0、ShaderModel 3.0対応。
ビデオ再生支援機能を搭載しており、CPUにあまり負荷をかけずに高画質動画を再生できる。

・RadeonHD3000シリーズ
DirectX10.1対応。
基本的にはHD2000シリーズの焼き直しと見られます。
改良型のビデオ再生支援機能を搭載しており、CPUにあまり負荷をかけずに高画質動画を再生できる。

・RadeonHD2000シリーズ
DirectX10.0対応。シェーダが統合型シェーダに変更。
ビデオ再生支援機能を搭載しており、CPUにあまり負荷をかけずに高画質動画を再生できる。


<ゲームをする>
3Dゲームを本格的にするならば、ミドルレンジ以上のグラフィックカードを積むことをお勧めします。
古いものや軽いものであればオンボードクラスでも事足りますが、最新のものや重いものにはグラフィックカードを積むことをお勧めします。
どれくらい重要かというとCPUよりも重要で、多少性能の低いCPUでもGPUが十分な性能を持っていれば割とプレイできます(とはいってもCPUがCeleronとかでは厳しいですが。要はバランスです)。
どのグラフィックカードにするかはゲームの必要スペックしだいですが、GeForce8600GTやRadeonHD2600XTクラス以上を搭載していれば、大体のゲームを比較的快適にプレイ可能です。

<GeForceとRadeon>
両者に性能差はGeForce8000シリーズまでほとんどなかったのですが、それ以降はGeForceのほうがゲームにおいては高性能な傾向があります。
ただ、どちらが有利かはゲームがどちらのブランドに最適化されているかによって変わります。
とりあえず、一般的にはGeForceの方が有利な場合が多いようです。
一方画質では、GeForceがメリハリのある画、Radeonがやややわらかい画といわれています。
また、今後Radeonは価格あたりの性能を売りに商品展開していくそうです。


08.03.02更新

<関連記事>
・グラフィックカードリスト
・主なPCゲームの必要スペック
・オンボードグラフィック

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
(「http」を禁止ワードにしているため、URLを書き込む際は先頭の「h」を抜く等して下さい。)
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
管理人より
パソコン関係の記事を書いています。
ブログ内検索
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[03/24 クロ@管理人]
[03/22 通りすがり]
最新TB
プロフィール
HN:
クロ
性別:
男性
自己紹介:
ある夏の日、パソコンを買い換えようと下調べを始め、BTOパソコンに興味を持つ。最近の興味は専ら自作とノートパソコン。

Copyright © [ PC学習帳 ] All rights reserved.
Special Template : Design up blog and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]